槇原敬之への恋文

歌手槇原敬之への想いを語る



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
甘え上手 :: 2006/01/28(Sat)

前略、槇原敬之様。

探しましたよ、Newシングル『ほんの少しだけ』。(まだ発売前ですが)

アルバムを予約したショップでは、シングル入荷の予定が無いって言われた。
(何で~~?!なんてショップだ!とちょっと憤慨。)
今から発送かけるので初回版になるかどうか分からないって返事に
だ・か・ら、初回版が欲しいって言ってるのに意味無いじゃん。
せっかく予約票書いた後だったけど、そのまま後ずさりしながら
「じゃあ、良いです」と出てきた。
夜、TU○YAならあるだろうと出掛けたら…CD販売の取り扱いは止めましたって。。

何でだよ~~わが町にはCDも買えるショップが無いのか??

仕方が無いので息子に予約頼んだ。
(ちょっと不安)


東芝サイトで『ほんの少しだけ』の特別サイトが出来てた。
ほんの少しだけ待ってて~
独り言の23日に書いた事とリンクしてる。


マッキーの声で、あんな声で言われたら!


待っちゃう~

ただ待つのは辛い。無期限に待つのは辛い。

でも、、ほんの少しだけ と懇願されたら

例えそれが“ほんの少し”で無くても
待っていられる。

いや…待ちたい と思う、な。

(もう、甘え上手なんだから~~)

でもちゃんと待つ側への気遣いも忘れない
そんな優しさのある声音なのだ。

ものは言いよう とはよく言うけれど、
そのフレーズだけで人柄や誠実さが表せる人は少ない。

槇原敬之の言葉には
やはり心がこもっている と感じさせるフレーズだ。


待たせる方も、本当は辛いんだよね。。切ねぇ。。

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。