槇原敬之への恋文

歌手槇原敬之への想いを語る



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
抜けたな :: 2006/02/23(Thu)


「LIFE IN DOWNTOWN」

アルバムのオリジナルを聴いて
抜けたな という感じがした。


道を求めてジャングルに分け入って、かき分けかき分け進んで
ある時パッと目の前が広がったと言うか。

スコーンと青空に突き抜けた感がある。


今までの曲調を踏まえたところからステップアップされて、
どこか違和感があったのが巧く削がれ、こなれてようやく完熟期を迎えた。

その分と言って良いのか分からないけど、詞の方がやや難解な感じ。
フレーズ毎の意味というより、
その曲のテーマというのがはっきり見えてこない。
これはもう少し聴き込まないと、無理だな。

アルバムのテーマは「下町」
いくつかの曲は下町?と思えるものもあるけど
だけど、ベタな下町を歌うことはしないマッキーなりの意図だろう。


それにしても…「遠く遠く」はやっぱり良いねぇ。。
若いマッキーが等身大で歌うのも切なげで良いけど、
今のマッキーが歌うと、若い人たちへのエールのように聞こえるから不思議だ。
名曲は何年経っても色褪せないって事で。





スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。