槇原敬之への恋文

歌手槇原敬之への想いを語る



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
「さよなら」は小田さんだけじゃない :: 2015/07/28(Tue)

「さよなら」という言葉のイントネーションには

それだけで切ない感じがするのでしょうか。


かの、小田さんは、さよならさよならさよならと繰り返すことで

決然とした別れを告げ。


そして、我らがのりゆきさんは、

「BLIND」で、さよならさよならと二度優しく繰り返すことで、

爽やかで切ない別れを描いています。

グッバイでは出せない切なさですね。


と、、、おっと有りました!

アリスの「帰らざる日々」ではバイバイバイとしつこいくらい(笑)

繰り返しております。

が、これはリズムに合わせて乗せた歌詞という感じで

この部分で言えば切なさはありませんね。


小田さんのが、凛として冷たい感じのする「さよなら」なら

のりゆきさんのは、優しさのある切なさという感じでしょうか。

まぁ、小田さんの舞台設定が冬で

のりゆきさんのは雨と、ちょっとウェットな

季節感のせいかもしれませんが。


さよならを使って切なさを出すのは、のりゆきさんも負けてはいないぞという。。
(それが言いたかった、まだCicadaにハマってる私でした)

スポンサーサイト
  1. 槇原敬之
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。